FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の”改革”について考えた。

2011年01月31日 02:46

突然ですが、Variety of Capitalismという考え方をご存知でしょうか。
資本主義といっても、日本のそれとアメリカのそれは全く違う、という
ことを構造的に研究したものなのですが。

その学派の中では、資本主義は大きく、Liberal Market Economics (LMEs)
と、Coordinated Market Economicsという大きな二つの類型にわけられ、
さらに国家の介入度合いが激しいものをState Market Economicsと呼んだり、
発展途上で市場システムが確立されていないものをEmerging Market
Economicsと呼んだりします。

LMEsとCMEsはその運営のされ方に大きな違いが有り、
金融のあり方、雇用のあり方、企業間関係のあり方、など何もかもが
対照的になっています。

大筋でまとめると、LMEsでは多くのコーディネーションが競争市場で
なされます。例えば、企業のガバナンスや資金調達は株主中心になり、
労働市場は外部労働市場(企業内労働市場に対して)が優勢で、
さらに、企業間の協業よりも競争の方が中心だ、という風です。
例えば、日本のようなメーカーとそのサプライヤーが緊密に協力しあう
というのは、LMEs(典型的には旧英国領が多い。アメリカとかイギリス、
オーストラリアなど)では、非常に難しく、どちらかというと、
利益の取り合いをする関係、という方が主です(あくまで一般傾向として)

一方で、CMEsでは、多くのコーディネーションが市場以外の方法で
行われる(一般的には組織、あるいは緊密なネットワーク)のが特徴です。
企業ガバナンスにおいては、銀行や労働組合、企業内のマネジャー達の
力が優勢ですし、労働市場は内部労働市場が強く、企業内訓練が非常に
熱心に行われ、さらに、企業間の協業も盛んと。
例としては、日本やドイツ、北欧諸国などが典型的な例になります。

で、ここでポイントは、これらの仕組みは相互に補完しあっていた、
ということです。例えば、CMEsの場合、企業内労働市場中心に経営が
できるのは、景気が悪くなっても株主にレイオフを迫られることは
一つには、無いからです。それが故に、長期的に人材投資を行うことで、
一定の生産性を高めることができる、という風になっています。
さらにいえば、企業間協業にしても、相手が裏切らないという期待が
あるからこそいろんな情報を共有してリスクをともにとる訳ですが、
短期で人が入れ替わる労働慣行だと、そういった信頼の蓄積が難しい。

まあ、どちらにもいい面があり、苦手な面が有る、というのが
結論でして、LMEsは変化への対応が柔軟にできる、一方で、CMEsは
長期的な視座での経営や、企業固有能力の蓄積が得意、という
特徴が有ります。

で、ここで問題は、これらの特徴を混ぜ合わせると何が起こるのか、
ということなのです。いくつもの仕組みが複合的に相互に支えあって
パフォーマンスを出しているシステムの一部を変えるとどうなるか?
自明ですよね。パフォーマンスが下がります。
(と、いうのが、Variety of Capitalismの基本的な主張です)

で、どうも、この手の論文を読んでいて気になるのは、昨今の日本の
改革なるものが何を志向しているのか、ということなのです。
80年代末期以降の日米構造協議以来、自由化、という名の下に
色々なことが行われている訳ですが、LMEs的な方向に持っていく
ドライブが働いている気がするのです。

基本的にアメリカの仕組みを是として、日本にうまく行かないことが
あるときに、アメリカの仕組みを参照して手をうつ、ということが
多くねえか?ということなんですね。
(まあ、アメリカはそうした方が得なので、その方に誘導するのは
当然ですけどね。日本がどうするか、ということです。問題は。)
冷静に上の議論をベースに考えると、うまくいくどころか、
問題をより複雑にするのでは?という疑問が沸々とわいてくるのです。
少なくとも、アメリカに文句いわれて素直に聞く理由はねえな、
というのは言わずもがな(彼らはグローバルスタンダードと言うでしょうが
彼らが押し付けたいスタンダードに過ぎないので)

とはいえ、状況は変化するので、経済の運営の仕方を変えていく
ことは必要なのですが、だからといって、LMEs的な社会にできるか
といえば、根本的には歴史風土、文化的側面に大きな違いが有るので
どう考えてもあんまり成果が出なさそうです。
(アングロアメリカ諸国の、個人主義や、リスクテイキングといった
文化傾向は、LMEsときれいに対になってます)

と、いう訳で、日本のCMEs的な既存の仕組みと文化に根ざしつつ、
新しい制度体系を構築していかなければならないのだな、と
思った今日この頃でした。僕の専門に近い、雇用問題一つ取っても
そんな風に他の仕組みとの相互作用まで含めて考えたことが
無かったので、簡単ではないですけども。

ただ、キーになるのは、Coordinated Market Economicsだから
といって、既存の権益者を守るようにCoordinationしなければ
いけない理由は無い、ということだと思われます。例えば、
どうせ政府が介入して市場操作するなら、家電と車じゃなくて、
人口構成にあった医療福祉だろう、という野口悠紀夫氏の先日の
ダイヤモンドの記事は、おっしゃる通り、と思いますからね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://studyinbritain.blog133.fc2.com/tb.php/97-5d7c6de3
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。