FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーマーハーフェンへ。

2010年12月29日 19:22

冬休みの小旅行、最後はブレーマーハーフェンという、北ドイツの港町に
向かいます。日本では海運会社の人以外、殆ど知らないであろうこの街、
実は神戸よりも取り扱い規模は大きく、世界的に有力な港街です。

そんなブレーマーハーフェンにやってきたのは、僕のフラットメイトの
U君の実家があるから。彼も里帰りしているため、せっかくの機会なので、
ドイツの普通の家庭のクリスマスの雰囲気を味わうべく、お邪魔したという
訳です。

ちなみに、日本と違い、ヨーロッパではクリスマスは家族が集まって
静かに過ごす時期でして、どちらかというと日本のお正月に近い雰囲気が
あります。みんなで24日にクリスマスミサに行って、その前後、数日は
家族全員が実家に帰ってきて、みんなでゆっくりすごして、ということですね。
僕が向かったのはクリスマス当日の25日。ケルンから電車で4時間くらいで
ブレーメンにつき、そこからさらに1時間かけてブレーマーハーフェンへ、
そして、U君に迎えにきてもらって、かれの家がある近郊の小さな街、
シッフドルフに車で移動です。

IMG_0209.jpg

この日もどかどかと雪が降りましたので、道は雪だらけ。ドイツ北部は殆ど
雪が降らない地域らしく、これだけ積もるのはかなり珍しいらしいです。


U君宅は、かなり独自の伝統を大切に維持しているご家族で、数々の
スペシャルメニューでお出迎えいただきました。
お父さんが趣味で猟をされるらしく、鹿の肉を使った料理をいただいたり、
また、お父さんの出身地域の伝統料理である、豚の頭の肉を塩こしょう、
スパイスで煮込んだもの(これはドイツでも相当レアな料理らしい)、
あとは、クリスマスに家族で作るというスパイス入りワイン+α等など。

あと、面白かったのは、ブレーマーハーフェンは港町のため、
魚を非常に良く食べる地域らしく、朝ご飯でもアジやサーモンの薫製が
出てきたり、街でも小さなエビとか魚をパンに挟んだサンドイッチが
売られていたりと、僕たちが普通に想像するドイツ料理とは全く違う
食文化がありました。実はドイツ国内ではブレーマーハーフェンは
「魚の街」という異名を持っているくらいらしく。

U君のお姉さんと彼氏も、今住んでいるバイエルン地方(ドイツの南東の
端っこの方で、オーストリアにかなり近い)から来ていたのですが、
気候の違いや食習慣、価値観の違いなどを話してると、ドイツといっても
地方によってかなり違うなあ、というのをかなり感じました。
日本よりも、もっと立法、行政が分権化されていて、さらに地域ごとに
大きな都市がいくつもあって、東京みたいに一極集中型ではない、
ということが、ドイツの地域ごとの多様性を生んでいるようです。

ドイツの食文化と言えばソーセージ、と思ってましたが、それだけじゃない
懐の深さを感じさせられる滞在でした。
(食べ物の話しばっかりですいません・・・・)


ちなみに、ブレーマーハーフェンは、元々は船作りが主産業だった地域
らしく、この10年かそこらは、人件費がよりやすい地域の脅威の中、
かなりの造船所が閉鎖され、経済的にはかなり苦しい時期を過ごした
らしいです。もちろん、世界でも有数のコンテナターミナル(車の輸出では
ドイツ最大)が産業としてあるのですが、現在さらに大きく二つの方向性で
産業再生を図っているらしく。

一つは観光、もう一つは風力発電プラントです。

観光に関しては、この港は、かつてはヨーロッパ、特にドイツと東欧から
アメリカへの移民の最大のポイントだったらしく、その歴史を紹介する
非常にすばらしい博物館を作り、その周囲の地域を再開発して、
ブレーメンやハンブルクなどの近郊の町に遊びにくる人たちを惹き付ける
という試みが行われています。食文化的にも上述の通り独自のものがある
ため、かなり有力なプランのように思われます。博物館は、数年前に
世界一すばらしい博物館、という表彰も受けており、実際、体感型の
非常に面白いよくねられた展示になっていて、かなーり、楽しかったです。

そしてもう一つ、風力発電プラントは、ドイツで現在進んでいる、
海上に巨大な風力発電所を作る、というプランの一貫とのことです。
大きな風車をつくる工場が港沿いにいくつも建設され、さらにはそれを
海上で設置する為に出荷する港の開発も始まっており、新しい産業を作り出して
地域を活性化しようという取り組みが急激に進んでいるなあという雰囲気を
感じました。

日本でも、産業転換は色々な地域で非常に問題になっているテーマだと
思いますが、地元の歴史と立地の強みを活かしたプロジェクトが動いていて、
僕の専門分野では全くないものの、なかなか興味深いケースだなあと
感じた次第です。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://studyinbritain.blog133.fc2.com/tb.php/93-b7e4ce30
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。