FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2周目終了!

2010年10月19日 17:32

さて、段々ロンドンは寒くなってきて、日によっては最低3度、
最高7度、みたいな日もあり、中々大変です。もう毎日コート
きてますし、寒い日はセーターも出動です。
これからまだまだ寒くなると思うと、なかなかへこたれますねえ。
まだ10月ですよ。

さて、2周目はいよいよ主要な授業がすべて出揃いました。

Design and Analysis of Innovational Organisational
Practicesでは、月曜日のレクチャーでは、懐かしの
「イノベーションのジレンマ」や、それに類する研究論文を
ベースに、既存の組織文化や構造が
イノベーションの阻害要因になることをおさらい。
ゼミでは、同じような状況を取り扱ったケーススタディを
行ないました。結構しっかり準備していったものの、あっさりと
終わったので残念。

Organisations in Economy and Societyでは、
レクチャーでは、ミクロの経済学の基本をおさらい。
この授業は、マネジメント学部のトップ、多国籍企業の
研究の大家でもある、サウル・エストリン教授から受けましたが、
なかなかパワフルで話も分かりやすく、テンポもいい感じ。
ゼミでは、チャンドラーやスウェドバーグなど、
歴史学、社会学的観点から経済学を語った論文をベースに
市場による調整ではなく、企業やネットワークによる調整が
効率的な場面とはどんな状況かなどを議論。
そもそもなぜ企業が存在するのか?というテーマで、
昔、知的資本経営の話を研究したときに考えたことをずいぶん
思い出されました。こっちのゼミはサンディ・ペッパー
というコンサルタント経験の長い教授。中々ファシリテーションが
上手く、いいゼミです。ゼミ内のチームも中々精鋭ぞろいで
この授業は相当楽しみ。

Cross Cultural Managementでは、
レクチャーでは、国ごとの文化の違いに関する尺度について、
整理。ホフステッドの5尺度などなど。諸説色々あって、
今も探求中の領域のようですね。
ゼミでは、トランプを使ったゲームを通じて、一見は
見えないルールの違いに、人はどう適応するのかをシミュレーション。
ここでやったゲームは、研修の導入とかで普通に使えそうです。
そして、この授業ではいきなり課題が二つ。
1つは、異文化に出くわした経験について簡単な500ワードの
エッセーを書くもの。もうひとつは2つの文化について、20人ずつ、
ホフステッドのフレームで調査を行うものです。

後者については、5人のチームが割り振られ、役割分担して
進めていますが、明後日が発表ですが今朝、データが全部そろって
いい感じです。なかなかチームのメンバーもみんな、
きちんと自分の役割をさくさくと果たしてくれるので、
気持よく進んでます。あとは、今日夜、分析するのが楽しみですな。

あとは、勉強関連では先週は、僕のAcademic Supervisorの、
サラ・アーシュウィン教授と、卒論のテーマについて議論。
卒論のイメージがさっぱり無いため、早めにアポを取って、
アイデアを煮詰めるところから始めようと思って、そうした次第です。

まあ、やっぱりアポを取ってみると、準備をしないといけない
訳で、そうするとメモを書くから頭も整理される、ということで、
結構何を卒論に向けて研究したいか僕の中でもぼんやりと
イメージが見えてきました。ディスカッションでは、サラから
Cross Cultural Managementの担当教官でもある、
Dr.ヒュンジュン・リー(韓国の方ですね)にスーパーバイザーに
なってもらうといいんじゃないかしら、とアドバイスを貰い、
早速、今週木曜日、お願いに伺う予定です。

そうは言っても、段々エンジン掛かってきて、楽しい感じです。
今週末はいよいよ、エッセーライティング、それも2500ワードの
大物が待っているので、それに向けて、今は仕込み中です。
ひえー、まとまるのか、今から心配ですが、まあ、
授業の評価に入らない、練習用の奴なので、せいぜい頑張って
みましょう。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://studyinbritain.blog133.fc2.com/tb.php/74-80ea0412
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。