FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/23 校内ツアー&図書館一周

2010年09月25日 02:29

新学年が始まるのにあわせて、学生組合(なんだか、すわりが悪いので
以降はStudent Union=SUと書きます)がいろいろなサポート活動を
しています。

まず、学校の通りのそこかしこにテントを設置して、学生を数名配置。
HELP POINTとして、道に迷った生徒や、手続きをするのにどこに
いったらいいか分からない生徒に道案内をしています。

また、校内ツアーと称して、学内の建物をぐるっと一通り案内する
ガイドツアーを20分に一回開催してて、待ち合わせ場所で待ってると
どこからかSUのスタッフが現れて、案内してくれます。
さくっと一周回るだけですが、学内の各建物が何に使われているか、
食堂やカフェがどこにあって、それぞれの特徴はなにかとか、
簡単につかめるので便利です。まあ、20分もあればぐるっと回れて
しまう、狭いLSEだから良いのかもしれません。

ちなみに、LSEは本当に繁華街のど真ん中に町にとけ込んで
存在してまして、特に門もなく、ただLSEに所属した建物が
1カ所に固まって存在しているだけです。建物の入り口にLSEと
書いてあるのと、学生がやたらうろうろしていることくらいしか、
普通の街角と違いはないです。


その後、図書館に行って、図書館のオーディオツアーをやって
みました。なんでも「世界最大の社会科学に関する図書館」と
言われているらしく・・・って、あんまり社会科学に特化した
図書館自体がないんちゃうの、という突っ込みもしたくなりますが、
まあ言うのはタダなので良いとします。
で、その通りかなり大きいので、始めて来た学生のオリエンテーション
ツールのつもりなのか、美術展などでよくある、番号を入力すると
その場所の説明が流れるハンドセットが用意されています。
これを聞きながら一周するのが、オーディオツアーです。

受付に一声かけて、ハンドセットを持ち出し、聞きながら自由気ままに
図書館を一周。社会科学に限られるものの、大量の蔵書があること、
建物としてのデザインが非常によく考えられていること、
多分学期が始まったら恐ろしく混むであろうことがよくわかりました。
あと、大事な情報としては、学生が1年間借りられるロッカーが
図書館内にたくさんあること。これは10月18日10時から申し込みが
ネットで始まるらしいので、即申し込む必要がありそうです。
ロッカーがあれば本を全部部屋にもって帰る苦労が無くなるので。


そのあとは、図書館でメールをチェックしたり、ブログを書いたり、
あとは選択のコースついての情報を確認したりとか、
そんな感じで夕方まで過ごしました。さすがに大学の図書館なので、
静かで集中できる、いい環境です。
スポンサーサイト


コメント

  1. ハラ | URL | 42a.2Ue2

    ロッカー

    > 学生が1年間借りられるロッカーが図書館内にたくさんある
    これはすごい。ここならではなんでしょうか。荷物の持ち歩きは色々大変なので羨ましい…。

  2. Katsuhiko_Y | URL | -

    ロッカー

    そうなのよ。すごい便利。
    あと、構内に別途ロッカーもあることが発覚。
    そっちも学生組合でちょっとした額を払えば、
    1年間使えるらしい・・・すばらしい!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://studyinbritain.blog133.fc2.com/tb.php/64-1a15f39c
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。