--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成績発表。いよいよ卒業確定(のはず)

2011年11月03日 12:03

先日、ついに成績が発表になり、卒業がきまりました。

何を今更??と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
LSEでは、12ヶ月のマスターコースは、10月~9月末が在籍期間
になるんですが、成績が決まるのは11月に入ってからで、
卒業式は12月なのです。

いちおう、まだ、学部内での成績の決定で、この後、LSE全体の
成績認定期間で審査が行われて最終決定になる、という話ですが、
まあ、一旦学生に知らせておいてその後なし、ってことはまあ
ないと思われますので、これで一安心、のはずです。たぶん。

結果は非常にご機嫌で、Distinction(日本でいう優)で卒業!
になりました。個人的には、会社の先輩がアメリカのトップ
スクールのMBAをHonsで卒業されていて、密かに自分も
負けたくないと思っていたので、やったー!と言うところです。
これで、学部でさぼってGPAが低いのを塗り替え完了(笑)です。

詳細ですが、
MG416  0.5  83  Distinction
MG426  1.0  68  Merit
MG427  0.5  66  Merit
MG428  0.5  73  Distinction
ID411   0.5  74  Distinction
ID419   0.5  72  Distinction
MG421  0.5  74  Distinction

ということで、全体4単位のうち、2.5単位でDistinctionが取れ、
その結果として学位認定がPass with Distinctionという評価に
なった、ということですね。

特に、MG416の卒論プロジェクトの評価が83点というのが
非常に嬉しいところです。個人的にかなりエネルギーを注ぎ、
手応えもかなりあった活動だったので。ただ、得点的には正直、
前代未聞の点数で、自分でもたまげました。

ちなみに、LSEのレギュレーションでは、
・トータル4.0単位の内、3.0単位以上でDistinctionを取得
・同じく、2.5単位以上でDistinction、1.0単位以上でMeritを取得

すれば、トータルでDistinctionがもらえることになっています。
また、学部単位のローカルルールで、若干それが緩和されている
ケースもあるようです。

まあ、僕の場合、MG426, 427は、事前のエッセーであんまり
点が取れなかった(65点と63点だったかな?)のと、テストの
本番でエッセー以上のパフォーマンスがだせるとは思っては
いなかったので、殆どトータルのDistinctionはあきらめぎみ
だったのですが。
ただ、残りのプログラムはエッセーやプレゼンで70点以上を
取れていたこともあり、できるだけ頑張ろう、と思ってました。

結果を見る限り、やはり426、427は無理で、残りでばっちり
取れたという結果になっていて、やっぱり最後まで踏ん張って
よかったなと言うところですね。

しかし、ここから分かった重要な発見は、「テストの採点基準は
あきらかにエッセーよりも低い」ということです。まあ、これは
先生達も事前に行っていたことではありますが。ですから、
良いエッセーを複数パターン、ほぼ暗記でかける位の準備をして
挑めば、エッセー以上、あるいはエッセー並みの得点が狙える、
ということではないかと思います。

エッセーの得点と比較すると、やはりテストで失敗したな、
と思うプログラムはエッセーでの得点の貯金が効いていますし、
テストかけた!と思う授業は、そういう点になってますね。

あともう一つは、そうはいっても、事前の貯金が大きい、
ということです。テストでディスティンクション級の点数を
とることは不可能ではないことが、僕の経験からは分かりますが、
とはいえ、一発勝負ですから、波もあり、失敗もする、
だからこそ、時間をかけて丁寧にできる、学期中のエッセーや
プレゼン等のワークで点数を稼いでおかないと、トータルの
好成績は取れなかったと思います。ID419なんかは、完璧に
貯金に救われました。



と、いうことで、後は卒業式の記事で・・・と行きたい
ところなんですが、実は仕事の関係で卒業式には出席できなく
なってしまいました。なので、これでブログの記事は終了、
ということに多分なると思います。

読んでくださった皆さん、ありがとうございました。
僕自身が留学準備時に情報がなくて、先人のブログに頼った
経験から、できるだけ克明に情報を残そうと思って、
はじめたブログでしたので、時折いただくコメントや
質問は非常に励みになりました。

今後も数年間は、このままおいておこうと思っています。
このブログを読んで、LSEや他のイギリスの大学に留学し、
新たなきっかけを掴む方が増えることを祈ってやみません。

では。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://studyinbritain.blog133.fc2.com/tb.php/117-9d7a2fd7
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。